五行から観る、酸味と肝臓の話

五味といって
酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(しおからいあじ)と5つに分けることができます

五行 五臓 五腑(六腑) 五味
肝臓 胆のう 酸味
心臓 小腸 苦味
脾臓 甘味
大腸 辛味
腎臓 膀胱 鹹味

▲五行と五味に関係する東洋の食事療法

上の図で確認していただくと…木の気=肝臓=酸味と繋がります

肝臓を強めるには、酸味を取ればよいということです

個人的な話、ワタクシ…幼少期より酸味、つまりお酢が大の苦手です
大人になったので克服してはおりますが、自分から好んでは食べません
(酸味に弱い=肝臓が弱い)

そして、大の穀物好きで甘味を好んで食しています
(穀物多め=甘味多め=胃の腑フル稼働)

実際、肝臓がもとより丈夫ではないうえに
自分から胃の腑を傷めつけているようでアゴの吹き出物が絶えません
(吹き出物の位置=アゴ=胃)

身体って正直ですよね、ホント

分かってるなら、治せばいいじゃんってことですが
なかなかに治せませんねぇ…と反省しております

東洋の食事療法は、少なすぎても多すぎてもダメですからね

なんでも程ほどが良いってことです

算命学的に健康についての理論をお伝えはしておりますが
実践については、キネシオロジストのリンダちゃん先生をご紹介します
リンダちゃん先生のブログはこちら★

身体のなかの気=エネルギーの流れを確認できる
秘密道具を持っていらっしゃるので、非科学的でもない体験ができますよ
秘密道具のブログ記事はこちら★

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~20:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休