博多紋八寸段細工を造り帯に

博多織の帯です
購入した時に説明されていた帯の名前は
「博多紋八寸段細工」

先日のブログにも書きましたが…

博多織の特徴は目が詰まっていて
とても締まりのよいことです

絹ずれのキュッと鳴る音が心地よいですね

と、手結びにするときには心地よい音がする博多織なのですが

造り帯にするときには
目が詰まっているだけに…根気のいる帯になってきます

無事、つくり終えたのでヨシとしましょう

今回の造り帯のポイントは

腹柄を①にして控えめにするか
②にして地味派手にするかでした

手持ちの着物が、江戸小紋などの地紋様が多く
帯で遊びたい好みのワタクシですので

②の地味派手の腹柄にして仕たててみましたよ

造り帯にしておくと
帯の巻き方向を気にしないで結べるという利点があります

出したい柄が、いつもと違う巻き方向でも
無理しないで結べますからね

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~20:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休