着物の本、古来きものは自由なものだったという話

たまたま書店で見つけた文庫本
帯のキャッチに釣られて購入してしまいました

国際経済学の教授先生と
きもの小売業の代表取締社長さんとの対談方式による

熱いキモノ談義

きもの小売業の社長さんが

今の着物ルールは戦後からはじまったものだと
40年前くらいに着物の方向性が決まる分かれ目
分水嶺があったと話されております

先日の着付けの泉先生との会話ではありませんが
先日の話はコチラ☆

やっぱり、自由な着物を自由に着ればよいよねぇってことです

他人様に、不快な思いをさせるのは当然NGですが

着物は、こうなければならぬううううう的なのは
考えなくてもよさそうです

ま、着物談議をしててセンスが合いそうな方と
キモノ友達になれば良いことですしね

この本の表紙を飾っているキモノは
総レースの仕立て
ブランド名「ドゥーブルメゾン」

カジュアルでもフォーマルでもOK!
結婚式でもOK!
春夏秋冬OK!

オールマイティなキモノらしいですよ

欧州だとレースは、フォーマルだからとのこと

そうそう先日、購入したレースの半衿もオールシーズンOK!

ようは、日本に昔から無い素材なので
春夏秋冬のどの季節に属するか
決められないってことが理由になりそうです

レースの半衿、今時期は重宝します
たまたまですが、こちらの本に出てる社長さんとこのお店の品

イガイガしないレースです♪

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~20:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休