お太鼓結びのポイントは「こ」の字です

お太鼓結びの美しさのポイントは

「こ」の字になるよう形を整えることです


造り帯に、お仕たてするときは「こ」の字なる工夫がされていますよ

手結びで、お太鼓結びをなさるときは「こ」の字になるように、帯山と下線を意識してみてくださいませ

さて、すでに形が整っている造り帯ですが

お太鼓の山をキメるには、帯枕の長さが重要です
(手結びのときも、帯枕の長さは重要ですよ)


▲上の帯枕は18センチ、下の帯枕は25センチ

写真のトルソーちゃんには、18センチ帯枕を使って着せ付けています

背中が華奢だったので、小ぶりの方が「こ」の字になりやすいのです

25センチ帯枕は、古都の愛用サイズです

太めの古都の広い背中を守るには、やはり大きめサイズの帯枕が安心です

ちなみに高さは、4センチ前後

年若い方は、もう少し高さがあっても良いかもですね

▲こちらの1番下の帯枕は高さが6センチ

訪問着などのハレの日に、お太鼓結びの山の高さを出して華やかさを演出してます

▼さくら造り帯のお仕たてサイズ表を載せてます

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~20:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休