さくら造り帯の結び方をご紹介

お太鼓結びを時短で楽に柄出しできる

さくら造り帯

※お太鼓結びに形を作って糸で綴じています

どうやって結んでいるのか?

質問をよくされるので、ご紹介いたします

こんな感じで結んでいきます

慣れると3分くらいで

お太鼓結びが完成!!

最後に、帯揚げと帯締めをキレイに始末していきます

形を作って糸で綴じてしまう造り帯は

お太鼓結びの柄だしに毎回困らないこと

時短で結べることです

そして

ワタクシのように胴回りが大きい場合でも

対応できること

特に名古屋帯は360㎝前後ですから

胴をふた巻きするだけで200㎝は必要です

残りの160㎝で

お太鼓とタレ部分、手先

立ち上がりと作っていくには

「手結び」では余裕がありません

どこかを短めにするか

もしくは端折って「手結び」にしていくしかないのです

造り帯だと

余裕がないことも計算できますから

胴回りが大きいサイズでも安心ですよ

ひとつデメリットをあげるならば

畳んで収納できないというだけでしょうか

作った形のままなので

「かさばる」という点ですね