セミナー講師の方へ、先ずはこちらを整えてみましょ

私にとって内容同様に気になるのは

「衣装としての洋服」
セミナーの内容が重要というのは大前提ですが

その内容以外に講師そのものも含めて、印象の残し方は衣装にかかっていると私は思うのです

セレーノソウワさんのブログ記事抜粋いたしました)
▼元記事はこちら

仕入れの時は試着前に デザインがキレイかを見て 手先の感覚で生地を感じて 着心地を確認する そして各部分のサイズ感に集中する時に 静かならがも熱く、熱く・・・ というのが私の仕入れスタイル しかしね 大人になってソコソコ体験して ソコソコ分

20年以上も前のこと

ワタクシ自身、人の前に立つ仕事をしていましたから
当時の社長には、身なりには厳格に指導を受けていました

人の前に立つとは

会社の看板・会社の顔として立っているのと同じだからです

で……算命学鑑定士として、人と出逢う機会も多いですし話すことも多く

そこで感じるのは…

衣装としての洋服を上手にコーディネートすると、仕事の運気アップに繋がると思いますね

理由:洋服からもたらす印象=気は残ります

佳い気の方が、佳い気をまた運んでくれますもの

個人的見解、ブラック目線で洋服コーデのことを書きますと

・体型を無視しない (ボディラインを精確に意識する)
・年齢と顔立ちを無視しない (願望と真実の狭間の理解は必要)
・トータルコーディネートする (引き算コーデに、足し算コーデ)

こんな感じでしょうか……

算命学の教えのなかに、晴れ着と野良着の話があります

野良仕事をするには、晴れ着は不相応だし
ハレの席には、野良着は不相応ということです

セミナー講師は、こうあるべきだ!コーデというのも不気味ですが
(それは就職活動のリクルートスーツみたいで…皆、同じ人間に見える)

自分を表現する洋服を着てみる方が、運気は確実にアップしますよ

さて、世の中のセミナー講師のアツイ方々と出逢うのは楽しいことかなと思いまして

次回、9月のセミナーコンテストにはオブザーバーとして参加してみましょうかね

今年のワタクシ自身のキーワードが

新しい世界を見るってことなので、とても良い機会かなと

ある日のかなり遅めのランチ?

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~20:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休