厄年は御役目年とも言えるのです

寺社仏閣に参りますと

こんな感じで、ご案内をいただきます

平成29年度の

男性の大厄は数えで42歳

女性の大厄は数えで33歳としています

大変な凶事が起きるからと

恐れをいだいている方も多いのですが

諸説アリです!!

算命学的に紐解きますと

厄年=御役目年

お伝えしております

男性で言うと

ちょうど精神的にも肉体的にも頂点に立った年齢でもあり

昔でいえば村のリーダー

現在でいえば町内会の取りまとめ役

会社でいえば重要な管理職(中間管理職ともいう)

などに任せられる=御役目をいただく年齢ということです

御役目をいただけば

普段以上に気力も体力も使いますから

用心しなさいよってことです

女性も同じように

出産、育児、家事、仕事、お付き合いなどの

御役目が重なり

精神的にも肉体的にも酷使するので

用心しなさいよってことです

御役目がたくさん重なるうえに

他人に気を遣いまくるのですから

いくら精神的、肉体的に恵まれた年齢であっても

気を遣い果たせば

気を病むことは塞ぎようもありません

気が堕ちこめば

要らぬ病や事故を貰いやすくなるモノです

そのために

用心しますよって

神さまや仏さまに

誓いを立てにいくこと=お祓い

であると

個人的には強く想います

意味もなく、お祓いに参っても

神さまも仏さまも

お優しい方ですから

怒りも叱りもしないでしょうけれど

自分の意識の中で

自分の行動が決まってしまう法則がある以上は

意味あるお参りの方が吉ですよ

しかし、この厄年って

男性も女性も人生で一番輝ける年齢を指しています

(ごく平均的な話と捉えてくださいませ)

満年齢でいえば

オトコは40歳41歳42歳がオイシイ時ですし

オンナは30代がサセ頃といってオイシイ時です

もちろん

この年齢以外でも

努力している方は

輝いていらっしゃいますよ

でも、自然が与えてくれた年齢は

嘘がないということも

心に留め置いておくことも自然のながれかなと思うのです