使いこむほどに価値になる山葡萄かごバッグの話

使えば価値が下がるのが一般的な話

使えば使いこむほどに価値になっていくのが山葡萄かごバッグとのこと

着物レディのアイテムの中でも

憧れの山葡萄かごバッグ

美の壺で紹介されたほどの職人のワザ光る逸品です


▲こちら網代編みの山葡萄バッグ

最初はこんな色と質感です

そして………使い込むほどに


こんな感じに色ツヤになってくるのだとか(こちらは、こだし編み)
着物と帯も、上手に着れば親子孫三代受け継ぐことが出来ますが

山葡萄かごバッグも同じく親子孫三代と受け継ぐことが出来るとのこと

逸品の一点モノになっていくわけですね


優さんの石畳み編み山葡萄かごバッグ

色ツヤが出てますよね

誰かと同じモノではない、自分だけのモノ

職人さんの手わざと、自分が大事に使い込んたアカシの融合による逸品の一点モノ

画像は、こだわりSHOP優さんより拝借しました

山葡萄かごバッグの詳細はこちら★

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~22:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休