実用大和言葉「余さずいただく」

大和言葉とは、いにしえの私たちの御先祖さまたちが
創り出した日本固有の言葉であり、日本の風土が生み出した言葉です

今夜は、実用「大和言葉」を使う

余さずいただく

余さずいただくとは、全部食べるという基本精神にのっとり
残さないでいただくという意味です

最近の言い方だと「完食」が近いような気もします

完璧に食するという略語になるのでしょうか
PCの漢字変換では出てきません

そうそう、どこかで聞いた話なのですが

「いただきます」というのは
理屈に合わないという方もいるようです

お金を払っているのだから、お店にいただきますと
断らなくても良いって事らしいのですが

本来、食するとは

誰かの命をいただいて、オノレの命を長らえさせること

その誰かの命に対して(あなたの命を)いただきます
と、ご挨拶申し上げての食することになるのです

そういう意味での「いただきます」からすれば

完璧に食べるというよりも
残さず食べるという方が自然のような気もします

ちょっとした違いですけれどね

感謝の念が
佳い開運に繋がる行為であると算命学でも教えていますので

お金を払っていたにしても
上手に作ってくれる調理師の方に感謝からの「いただきます」

一緒に食べてくれる方々への感謝の「いただきます」

自分の体を元気にしてくれる食べ物に感謝の「いただきます」

「余さずいただく」気持ちが大事のように思えます

フォローする

鑑定サロン情報
住所:広島市東区
電話:080-5612-0510
営業時間:10:00~22:00(完全予約制)
定休日:年末年始・盆休